塗装工事、防水・土木全般ご相談ください 滋賀県栗東市 株式会社 やおき工業

  トップページ サイトマップ
TEL077-553-2654
トップページ事業内容やおき工業のものづくり実績紹介企業情報お問合せ
やおき工業
HOME > X-3
やおき工業のものづくり
ecoco
ecokit
X-3

X-3

X-3

「ECOフィルムX‐3」はプラズマテレビの表面に、コーティングされている熱・電磁派制御製膜を窓用フィルムにしたものです。CO2削減に貢献する今までにない省エネフィルムです! 省エネフィルム

スパッタ製膜によりフィルム表面に多層膜をコートした反射型の熱線遮蔽窓用フィルムです。薄膜の金属層が特定波長の光(赤外線)を反射して、夏場の室温上昇を緩和します。反射型ですので、輻射熱による温度上昇も最小限に抑えることができます。可視光の透過性が良く、照明費にも負担をかけません。冬場には室内からの熱輻射は反射して窓から室外に逃がしません。相反する特性をバランスよく兼ね備え、快適な生活環境を演出するフィルム、それが「ECOフィルムX−3」です。

省エネ効果

赤外線を87%カット、日射の厚さを大幅に軽減。冷暖房効率も大幅にアップ!
高透明

可視光線透過率が74%で、透過度が高い。
紫外線カット

シミ、ソバカス褪色の原因となる、紫外線を99%カット!
飛散防止

地震、災害時にガラスの飛散を防止。(フィルム厚100μ/表面硬度2H以上)
施工汎用性

熱反射タイプのフィルムで熱吸収率が低いので、網入りガラスにも、大抵の場合施工が可能。(※熱割れ計算が必要です。)
保証3年

指定施工店による責任施工で材工5年の保証付きです。


アイコン 施工実績

◆ 外語ビジネス専門学校/神奈川県
◆ バンダイナムコ未来研究所/東京都
◆ トヨタメトロジック株式会社 事務所/神奈川県
◆ 井筒屋新館9F/福岡県
◆ 魚町センタービル/福岡県
◆ エヌシーエステクノロジー株式会社/東京都
◆ 日揮プロジェクトサービス株式会社/千葉県
◆ フローテック株式会社/神奈川県
◆ たつみ硝子建材株式会社/神奈川県
◆ 共同住宅16世帯/神奈川県
◆ 栗山会計事務所/東京都
◆ 丸紅エネックス株式会社/千葉県
◆ 西洋銀座フラワーショップ/東京都
◆ 日本橋本町ビル象彦/東京都
◆ 獨協大学天野記念館/埼玉県

※その他、多数実績あり!
施工実績多数あり


アイコン 遮熱のシステム

遮熱のシステム


アイコン X-3の性能

X-3の性能
日射熱取得率(=日射侵入率)…室内に取り込む太陽エネルギーの割合を「日射熱取得率」と呼び、この数値が大きいほど日射熱を取り入れて冬暖かく過ごせるガラスになる。
輻射熱…遠赤外線による熱線により直接伝わる熱を指す。太陽の光の熱と同じ。


アイコン 注意事項

ガラスの熱割れは、ガラスの中央付近の温度とサッシ飲み込み部分との温度差により発生致します。
ECOフィルムX−3は熱吸収率が低い透明遮熱フィルムですが、熱吸収率がゼロではありませんので、特に網入りガラス等に施工する場合は、熱割れ計算を事前にすることをお奨めいたします。

24時間営業の温泉・サウナ・温水プールなどの常時結露が発生する場所ではECOフィルムX−3の内貼りはお奨めしません。

ECOフィルムX−3の表面には、清掃などによるフィルム表面の経年的な傷つきを抑制するため、特殊なコーティングが施されています。表面硬度は2Hありますが、たわしや研磨剤などの使用は、傷がつきますので避けてください。

ECOフィルムX−3が正常に施工・使用された状況で、製品保証は3年、内貼りで使用した場合の耐久性は10年〜15年前後となります。ただし使用環境が苛酷な場合には寿命が短くなることがあります。

フィルム表面のハードコート層や金属膜が、積層されているために光の干渉を起こします。このため室内の蛍光灯の反射光や太陽の反射光による映り込みの加減で、フィルム表面に虹模様が見えることがありますので、あらかじめご了承ください。また、室内と室外の明るさの取り合いの関係で、X−3の特殊金属膜の反射色(紫色)が出ることがありますので、併せてご了承ください。

ECOフィルムX−3は、施工後に水泡や白濁が残ることがあります。これはフィルム施工時に使用する水が、ガラスとフィルムの間に残留することによって起こります。しかしこの水泡は、施工後ガラス面に日射が当たり、ガラスの温度が上昇するにつれ、フィルム背面より徐々に蒸発し、最終的には消滅します。基材フィルムでは通常の地震対策フィルムの2倍の厚み(100ミクロン)があり、特殊金属膜の多層構造にもなっているため、残留した水がフィルム層および特殊金属膜を透過するのに時間がかかります。季節や現場の環境(方位など)によって異なりますが、施工後の養生期間として1ヶ月程度必要です。さらに、日差しのあたらない場所や風通しの悪い場所、冬季などにおいては更に1〜3ヵ月程度の時間がかかることも想定されます。
※養生期間中は、フィルムに手を触れないでください。

ECOフィルムX−3のメンテナンスについて
ゴムベラや濡らした柔らかい布で軽く水洗いしてください。(乾拭きは避けてください)
汚れがひどい場合は、中性洗剤を汚れの程度に応じて使用して下さい。
アンモニア系・塩素系・有機系などの洗剤は、使用しないでください。
クレンザー・硬い布・紙などフィルム面をキズつける恐れのあるものは使用しないでください。
フィルム面に継ぎ目がある時は継ぎ目に沿って拭いてください。
硬いものや尖ったものを当てないようにしてください。
たばこの火、その他の高温熱源を近づけないでください。
ポスターなどをセロハンテープで貼り付けたり、ワッペン・カッティングシートなどの粘着剤を使用したものは、貼り付けないでください。